ポンドル 初回のレンジブレイクに騙されるかねない…

現象

15分足

GBPUSD 15分足

①下降フラッグ形成

フラッグ形成前の上昇波かあフラッグへの入り方が教科書通りではない感じ、一度、半値ぐらいまで押してからフラッグを形成している。通常、フラッグは押し安値が下限となるのが多いような個人的な記憶

②陽線実体がフラッグ上抜け

ここで買った人は多かったと推測。フラッグ上抜けしてるから、普通は買う。自分もその瞬間チャート見てたら買うだろうな…

③前日高値上抜けできず、上髭陽線形成

前日高値を一気に抜けなかった時点で手仕舞うべきか…GBPUSDならば重要ライン抜けた際は一気に動くはずだから。

④下降フラッグを一気に下抜け

この下降に捕まった買い手は多かったはず。たぶん、フラッグ中に買った人、フラッグ上抜けで買った人の損切巻き込んでの大陰線を形成。

こんな風に誰が見ても明確なラインを一度抜いて、逆方向に一気に動かして損切させるという動きは特にGBP系は多いと個人的印象。

可能な限り後出しじゃんけん、出す前に本格的に動いたら見送るのが吉かな…

環境認識

日足

GBPUSD 日足

今年高値(aquaライン)が目前に迫っているので、値的には高い方かな…売り優勢か

4時間足

GBPUSD 4時間足

前月高値(yellowライン)を上抜いた上昇波の直後のもみ合いなので、方向感不明…勢い的にはもっと上昇してもおかしくないが、もみ合ったのでやはり上位足の影響で売りが入ってきてた?

1時間足

GBPUSD 1時間足

前週からのレンジ(purpleライン)を上抜いたので買い勢いが強いかと思ったが…前日高値に押し戻される結果となった。結局また前週のレンジに戻る

トレード結果

Open

下降フラッグの上抜け確定を15分足で確認してから、フラッグ下限に売逆指値注文。前日高値上抜けできずに、下降に一気に持ってこられることを期待。

Close

たまたま想定通りの動きに。思った以上に大きく動いて良かった。フラッグ手前の上昇波の安値付近で利確した。前日安値までくるとは思っていなかったが、そこまでいった。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



フォローする