マイストレングス

CliftonStrengthsの結果です。

CliftonStrengthsとは、自分の強みを見つけ、それを活かして成功する方法を学ぶ手助けをしてくれます。

App Storeより引用

• Gallupの研究によって明らかになった34の強みを学ぶ
• 自分のTOP5または全34種類の強みを見つける*
• 自分を特徴づけているものを理解する
• 自分が最も得意とすることに焦点を当てる
• 他の人のユニークな才能を見極める
• 成功に最も近い場所に身を置く

自分の強みを日常的に利用している人は、次のような傾向があるとされています。
• 仕事に積極的に取り組む確率が6倍高い
• 質の高い生活を送っていると報告する可能性が3倍以上高い
• 生産性が7.8%高い

強みを利用する事のメリットは、とてつもなく大きいですね…テストは有料で安くはないですがお値段相当の価値はあったかなと思います。

詳しくは、gallupstrengthscenter.com をご覧ください。

それにしても、このテストはほんと人の特性をずばり示しますね…意識はしていなかったけど、たしかに…と思う事が多々ある。自己分析にはとても役立つものだと思います。

今となっては、就活前に受けていたかったと強く思う。

TOP5

1.原点思考

原点思考という資質を持つ人は、過去や原型について考えるのが好きです。過去を調べることにより、現在を理解します。

本ブログもそうですが、過去のデータを分析する事は大好きです。また、何か新しい事を始めるときは、たしかにいつも過去の情報を基にどうやるべきかの方向性をまずは考える癖があります。

2.適応性

適応性という資質を持つ人は、「流れに沿って進む」ことを好みます。「今」を大切にし、それぞれの時点で進む方向をひとつずつ選択することにより、将来を見極めます。

たしかに流れに逆らう事はしないかな…水のように柔らかくしなやかにを人生の理想としています。

3.親密性

親密性という資質を持つ人は、他人との緊密な関係を楽しみます。目標達成のために友人と努力することから、大きな満足感を得ます。

ゲームなんかでも、MMOで他人と協力して敵を倒すなど、みんなが役割を持って一体感をともなったときに幸せを感じます。

4.調和性

調和性という資質を持つ人は、意見の一致を求めます。意見の衝突を嫌い、異なる意見でも一致する点を探ります。

意見の衝突にはたしかにストレスを感じます。ただし、議論するのは好きで、議論を重ねれば少なからずお互いの意見が一致する点、お互いが納得いく点が出てくると信じています。

5.内省

内省という資質を持つ人は、頭脳活動に多くの時間を費やします。内省的で、自分の頭の中で考えるのが好きで、知的な討論が好きです。

人生で大事な事は、自分で考える事だと思っています。何事も考えてから行動しないと得るものは少ないと思っています。私自身はそれほど知的ではないですが、知的っぽい討論大好き。

以下、6位以下の全順序。

6.ポジティブ

7.着想

8.最上志向

9.分析思考

10.学習欲

11.包含

12.慎重さ

13.公平性

14.運命思考

15.信念

16.共感性

17.個別化

18.闘争性

19.目標志向

20.指令性

21.収集心

22.成長促進

23.達成欲

24.自己確信

25.アレンジ

26.規律性

27.社交性

28.回復志向

29.戦略性

30.活発性

31.未来志向

32.コミュニケーション

33.自我

34.責任感

責任感の無さ…人として大丈夫なのだろうか…

スポンサーリンク



フォローする