マイトレードスタイル

自分のトレードスタイルのまとめメモ書き。

投機歴10年が経とうとしています。

一時は、500万ほど損をして、そこからやっとこさ運よく600万の利益を得る事ができました。

よって、TOTAL+100万、市場から何とか退場せずにこれまで頑張ってこれました。

自分の経験則、ルール化のためにも、書いて残しておこうと思います。

買いトレード

  1. 前週比、前月比の値上がり銘柄≒上昇トレンド?銘柄(四季報ONLINEにて確認)
  2. 新興銘柄かつ時価総額小(≒暴騰の可能性大)
  3. 機関空売り残なし(直近ポジション解消はOK、報告義務消失は要注意=水面下で下降に株価操作される懸念)
  4. 下限抵抗ライン(日足、週足の出来高増かつ安値、テクニカル分析ラインなど一般個人が当てにしそうな指標)の少し上に指値買い注文(1単元)
  5. 損切:抵抗ラインより3%低下、利確:機関新規空売りorてっぺんチャートシグナル

売りトレード

  1. 機関空売り新規参入or売増し中銘柄≒近く下降トレンド転換?銘柄(Karauri.netにて確認)
  2. 東証1部銘柄かつ時価総額大(≒暴騰の可能性小)
  3. 機関平均売建単価以上を常に維持(1単元でIN)
  4. 損切:機関撤退or超ビッグIR/PR、利確:機関利確開始

損しやすい?パターン(経験上)

  1. 騰がりそうという雰囲気で、既に騰がった銘柄を買う
  2. 損切ラインを決めずorルールを破って含み損増大、時間損失
  3. 機関が空売りしている銘柄を高値で買う
  4. 時価総額小の銘柄をHyper空売り(最悪はSTOP高連荘で踏み上げ食らう)
  5. 決算期待で決算直前に買う(予想外の超絶増収増益、黒字転換以外は下落する)

得しやすい?パターン(経験上)

  1. 長期保持(ただし、決めたラインを割った時の損切は徹底)
  2. 大量保有など密かに何となく怪しい動き・雰囲気の銘柄を買う
  3. 時価総額小かつ空売り機関撤退してから数ヶ月後の上昇トレンド銘柄を買う
スポンサーリンク



フォローする